IEに深刻な脆弱性、マイクロソフトが更新プログラム緊急提供へ

米ソフトウエア大手マイクロソフト(Microsoft)は、17日にも同社のブラウザー「インターネットエクスプローラ(Internet Explorer、IE)」に侵入しコンピューター本体を乗っ取られてしまう危険性の高い、ソフトウエア上の欠陥に対処する更新プログラムを緊急提供する予定だ。

 同社は16日、「顧客に対する脅威」に対して、ただちに世界中のセキュリティ技術チームを動員し「これまでに比べ異例の8日以内に」更新プログラムを提供すると発表した。

 セキュリティー対策ソフトを開発・販売する「トレンドマイクロ(Trend Micro)」の専門家によると、このIEの脆弱(ぜいじゃく)性を突いた攻撃は「猛烈な勢い」で拡大しており、すでに数百万台のコンピューターが被害を受けているという。



IE、多いですな、脆弱性が。
しかし、IEでないと正しく表示できないサイトも多いからな〜。

みなさん、Windows画面右下のタスクトレイ(時計の左側)に黄色い更新マークが出たら、めんどくさがらずにすぐインストールしましょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。