ASUS TS mini 発表。

ASUS TS mini が発表になりました。

Acer Aspire easyStore H340に続いて、Windows Home Serverロゴを取得した2機種目のホームサーバーです。

TS miniの主な仕様は以下のとおりです。

・OS    :Windows Home Server
・CPU    :インテル Atom プロセッサー N280
・メモリ  :DDR2-800 1GB
・HDD    :約1TB(7,200rpm)
・LAN機能  :1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
・サイズ  :幅96mm×奥行き204mm×高さ245mm
・価格   :オープン価格(予想実売価格:49,800円前後)
・予定発売日:2010年3月26日

asus_tsmini以下、プレスリリースからの抜粋です。
------------------------------------------------------------
○製品の代表的な搭載機能

・家族で共有したい動画や写真や音楽をTS miniに保存
TS miniに保存したデータには、家族みんながアクセスできます。たとえばおもしろかった動画、子供やペットの写真、流行中の音楽などをTS miniに保存しておけば、各自のパソコンで見ることができます。たとえ家族の誰かがパソコンを買い替えたとしても、TS miniに保存したデータはそのままなので、新しいパソコンが来たその日から、いつものデータにアクセスできるのです。

・家族の共有データと各自のプライベートデータは分けて保存可能
もちろん、TS miniに保存したデータがすべて家族に公開されてしまうわけではありません。自分だけが保存でき、自分だけが見ることができるプライベート用の保存領域も用意しています。

・家族のパソコンのデータを自動でバックアップできる
Windows Home Serverによる強力なバックアップ機能を搭載しており、TS miniに接続しているパソコンのデータを、指示したスケジュールに従って自動でバックアップします。また、TS mini自身のデータも、外付けのHDDや増設HDDに自動でバックアップが行われるため、もしものときも安心です。

・家族の誰かのパソコンが故障してもTS miniからデータの復元が可能
TS miniのバックアップ機能では、接続したパソコンのHDDを、OSも含めてまるごとバックアップできます。たとえば、家族の誰かのパソコンが起動できなくなってHDDを交換してしまったとしても、TS miniからOSも含めてまるごと復元が可能です。

・外出先からTS miniにアクセスできる機能を搭載
TS miniが採用しているWindows Home Serverは、標準でダイナミックDNSという機能に対応しており、外出先などから自宅のTS miniにアクセスすることができます。どこででも、いつもと同じデータを使用可能です。

・1TBの大容量HDDを標準搭載、複数台の増設も可能
TS miniは標準で1TBもの大容量HDDを搭載しているため、家族での使用に十分対応できます。また、小さな本体サイズでありながら高い拡張性を備えていることも特徴となっており、本体内にHDDをもう1台追加することができます。そして、本体背面には2つのExternal Serial ATA 3Gb/sポートと、6つのUSB 2.0/1.1ポートを備えており、外付けHDDの接続も行えます。とくに、External Serial ATA 3Gb/sポートは、内蔵HDD用のSerial ATA 3Gb/sポートと同じ転送速度でHDDを接続できるため、外付けHDDであっても内蔵HDDと変わらない性能を実現できます。また、追加したHDDは元々あるHDDと合わせて自動で1つの保存領域として認識するので、HDDの台数を意識せずに使用でき、どなたにも違和感なく使うことができます。

・ルーターの横などに自然に置ける縦置きの省スペースボディ
本体サイズは、幅96mm×奥行き204mm×高さ245mmと大変コンパクトです。モデムやルーターなどの横に違和感なく設置することができ、邪魔になりません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。