WHS シンプルな構成

WindowsHomeServerは基本的にキーボードやマウス、ディスプレイを持たない。
いわゆるNASと同じ構成で、操作はwebUIからおこなう。

買ってきたら、電源ケーブルとLANケーブルをつないで電源を入れるだけ。付属のインストールCD-ROMをパソコンにセットして指示に従うとインストールが完了し、WindowsHomeServerにアクセスできるようになる。

そこで接続するユーザーや共有の設定をすれば、さっそくウインドウズホームサーバーが使える状態になるというわけだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58367705
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。