Windows Home Server の能力

同時に管理できるクライアントPCは10台までです。
まあ、家庭用ですから、通常はこれで充分でしょう。

またクライアントPCの対応OSはwindowsXPとVistaのみ。
とはいえ、これもXPがメインの期間が長かったこともあり、ほぼ問題ない状況であるといえるでしょう。

自動バックアップなどの連携はこの両者のみ考慮されていますが、そのほかのOSからは使えないというわけではなく、ファイルサーバーのように利用することは可能です。

DNLA対応機器からも利用できます。

手軽に家庭のPCやデジタルメディアとの連携が取れ、中核をなすそんざいになってくれることが期待できそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70719496
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。