Windows Home Server 日本語版

東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2008」で、マイクロソフトが「日本語版Windows Home Server」のデモを行っているそうです。

2008年春に予定されているWindows Home Serverのサービス・パックに当たる「Power Pack 1」のリリースと同時に日本語化され、DSP版のほか、各メーカーからプリインストール機が発売される予定。

この Power Pack 1 では、Windows Vista x64版のサポート、リモートアクセスやデータ保護機能の強化が施されます。
また、当ブログでも以前問題視した消費電力についても、機種によっては電源管理機能を補完する機能の追加に伴い電力消費が効率化されるとのこと。

このような改善とあわせてウィンドウズホームサーバーには日本語版と中国語版が用意されるということのようです。

ママでも使えるホームサーバーを目指したWHSだけに、日本語版の登場によって、ようやく日本でのスタートラインに立てるということでしょう。まだまだこれからですが、今年はWHSの名前がちらほらとみなさんの耳にも届くようになるかもしれません。

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81811795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。