ホームサーバーとは

Microsoftが家庭向けの新しいサーバーOSをリリースします。
その名も「Microsoft Windows Home Server」。
一般家庭でも簡単に設置・操作できることを念頭に設計された、デジタルコンテンツの保存と共有を目的としたサーバー製品です。
ここではすでにBUFFALOやIODATAからも出ているホームサーバーを含めた情報を集めていきたいと思います。

posted by ホームサーバー

WHS ノートパソコンをサーバーにすることの意義

前に「WHS 消費電力を抑えるには」としてノートPCの利用を提案しました。それについての補足というか推奨です。話がそれますし、ちょっと長いですが、多くの人が幸せになって地球に優しいお話ですので、読んでやってください。

ノートパソコンだと信頼性が低いのではと心配される向きもおられます。
たしかにパーツから長寿命なものを選定して作られているIAサーバーにはノートパソコンは負けます。しかし、一般的な電子部品を使っていても、熱を与えないようにしてやると、飛躍的に寿命は延びるものなのです。

高発熱なPentium4を搭載したIAサーバー。いくらファンを回しても所詮は空冷(高価な水冷搭載機を除く)。長寿命なパーツといえどもそれなりの熱を受け続けます。
一方、発熱の少ないPentiumM搭載のノートパソコン。もともと発熱が少ないだけあってファンレス仕様のものも多い。
熱を受ける長寿命パーツと熱を受けない一般的パーツ。実はどちらが持つとは一概には言えないのです。

実際、私の自宅では、ヤフオクで2万円台で手に入れたLet's note T2にLinuxを入れ、自宅サーバーとしてネットに公開しています。当然24時間365日つけっぱなしですが、かれこれ丸2年は世界に情報を提供し続けています。

中国や台湾に生産拠点を移し、パーツも現地調達しているパソコンメーカーが多い中、Let's noteは国内設計・国内生産なので、信頼度もぴか一です。
(さすがにパーツは海外製のものも使われてますが)
Let's noteの大家であるちばさんは、'98年製のLet's note mini(CF-M32、これも熱の出ない名機です)をいまでもメインマシンとして使っているそうです。10年も持つってすごくないですか?
サーバーにはLibrettoSS1000をお使いです。(これも熱の出ない名機なんです)

Let's noteというとモバイルのイメージが強いですが、家庭内サーバーとしても無類の強さを発揮するのです。

Tシリーズは光学ドライブを内蔵していないので、より電気を食いません。サーバーではセットアップ時以外、光学ドライブはいらないのです。Rシリーズも光学ドライブは内蔵していませんが、Tシリーズのほうが大きい分、熱設計的にも有利で、よりサーバー向きです。

なお、Tシリーズの中でも、特に低消費電力なPentium M 753や733を搭載しているのはT2とT4です。

家庭内用途のホームサーバーなら、たまに止まっても痛くないぐらいの気持ちで使えますし、むしろ家庭で使うにあたっては、静かであること、電気を食わないことのほうがよほど重要であることを計算に入れる必要があり、この点からもモバイルノートをサーバーとして使うことの有用性をご理解いただけるかと思います。

また、家庭ではエアコン、電子レンジ、ドライヤーなどを使いすぎてブレーカーが落ちてしまうことがありますが、ノートパソコンならバッテリーを標準装備しています。ルータが落ち通信が止まっても、ひとりぽつんと動き続けてくれてたりして安心します。

ただし、大事なデジカメデータなどを一瞬で飛ばしてしまったなどということのないよう、外付けのRAIDハードディスクに保存するとか、もう1台ハードディスクを用意して定期的にコピーを取っておく等の対策は必要です。
(IAサーバーでもバックアップ対策が必要なのは同じです。)
 

我が家のNAS、ファイルサーバー状況。

buffalos.jpg
いまこんな感じになっています。
左から、
 HD-QS2.0TSU2/R5(CF-T2につないでLANで共有)
 LS-W1.0TGL/R1(1TB×2=2TBに換装)
 HD-HB400U2
 HD-H1.0TGL/R5(500GB×4=2TBに換装)
 HD-H400U2

BUFFALOばっかりだ。
たいてい安いし、流通量が多いので情報も多い。
競合も不具合が多い、ということでこうなりました。

VHSテープはすべてなくしました。データ化してこの中です。
DVDを焼くこともめっきりなくなりました。

しかしこれだけあっても、テレビ録画をするとけっこう溜まっちゃいますね。
さらなる大容量化が求められています。
 

マイクロソフト、無料セキュリティソフト提供開始

無料セキュリティーソフト「Microsoft Security Essentials」提供開始

ウィンドウズ7、年末に発売へ

マイクロソフトは声明で、「年末商戦のころには、ウィンドウズ7を顧客の手に届けることができると見込んでいる」とした。

Windows7 Beta版、9日にリリース。



待ち望まれていた現行のVistaの後継となるWindows7。
日常的な作業を効率化、ブート時間を短縮、バッテリーの寿命を長くし、「スマート・デバイス」をホームネットワークに組み込むのを簡単にしたそうです。

どうやらホームサーバーとの相性はよさそうです。

基本設計はVistaを使っているらしいので、どれだけ軽量化されているのか、注目です。

WHS 消費電力を抑えるには

24時間つけっぱなしにすることを想定するとなると、Pentium4 3GHzクラスの高発熱CPUをまわし続けるわけにはいかない。100Wの電球を1個から下手すると4個くらい煌々とつけっぱなしにするようなものだ。

PentiumMを搭載可能なマザーを仕入れて自作するなんていう道もあるが、マニアックな方法だ。パーツの入手も楽じゃない。

そこで、PentiumMを搭載したノートパソコンを用意するというのはいかかだろうか。ノートパソコンはもともと省電力を意識して設計されているため、CPU以外の部位でも効率か良い。

PentiumMのなかでも特にお勧めはPentiumM 753。平均5Wしか消費しないCPUだ。たとえば Let's note CF-T4GW5AXS や ThinkPad X40 2371-MAJ、LaVieJ LJ700/EE、dynabook SS MX/290DR、VaioT VGN-TX91PSなどが搭載している。他にも探せばたくさんある。なにしろ発熱が少ないので、設計がしやすく、こぞって採用されたのだ。

このノートにUSB接続で大容量HDDを増設すればよい。
たとえばBUFFALO HD-QSSU2/R5シリーズなどはどうだろうか。
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/hd-qssu2_r5/

いつかこのような環境を整えてみたいと思う。
(今はTeraStationで困っていないのでそのうち・・・)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。